ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、

ムダ毛のないツルツルのお肌を目指すとき、自分で処理をする人が殆どではないでしょうか。近頃は、自宅で手軽に使える家庭用の脱毛器もたくさんの種類が出ていますので、特別エステや脱毛クリニックに行く必要がないと感じる人も少なくありません。
しかし、自分で脱毛や除毛をすると仕上がりにはやはり満足のいかないことも多いでしょうし、脱毛を頻繁にしなければいけないので、肌の負担が大きいので、肌の状態をよく見ておかなくてはいけません。



クリームを使う脱毛では、なんとムダ毛が溶けます。痛い思いをしなくていいですし、キレイに仕上がることが特徴なので、脱毛クリームを好む人も少数派ではありません。ただ、独特の臭いが気になりますし、配合成分が肌の弱い人には刺激となることもあります。それと、キレイに溶かすには多めにクリームを塗らなければいけないので、費用の面が気になります。医療脱毛は安心だといわれていますが、そのようだからといって全然リスクがない訳ではありません。
医療脱毛にも、火傷、吹き出物や毛濃炎などの危険が伴います。医療脱毛以外でも、こういったリスクはエステ脱毛でも発生する確率があるものです。

脱毛をする場合は、少しでも評判が優れるところで施術をしてもらってください。
出産を経たことを契機として脱毛サロンを利用したいと考える女性も一定数存在するわけですが、子供連れで利用できる脱毛サロンは残念ながらごく少数です。施術はもちろんカウンセリングさえも子供を連れては「お断り」という脱毛サロンがあってもおかしくありません。

メジャーな脱毛サロンでは難しいのですが、小さい規模のお店などでは子連れOKのところもありますし、巨大ショッピングモールなどの中にあるお店でしたら、施設の託児スペースを利用できるので便利です。脱毛エステでエステティシャンが使用している施術用機器は、通販などでも簡単に手に入る家庭用脱毛器と比べると相当強い光をあてることが可能です。また、光をあてる範囲が広いため、短い時間で処理を終わらせることができるわけです。



ただし、医療系の脱毛クリニックで使われている機器と比べてみると出せるパワーが弱めなため、残念ながら永久脱毛はできないのです。



その代わりと言ってはなんですが、痛みはかなりましで、肌の受けるダメージが少なくなるという嬉しい点もあります。


一般的ではありませんが、ワックスで脱毛する脱毛サロンもあるとご存じでしたか。脱毛専用の特殊なワックスを塗り、ムダ毛を引き抜きます。



ピンセットで一本一本抜くよりも手早いのですが、効果は一時的なものです。



それでも、ワックス脱毛ならば、施術前にムダ毛の自己処理は必要がなく、一時的であっても、ムダ毛に悩まされずに済むのです。

自己処理が難しいアンダーヘアも施術することができるのです。
どれくらい脱毛エステに行く必要があるかと言うと、脱毛を完璧にしたいなら驚く事に12回以上は通わなければならないということです。

全体的に見て、腕や脚等のムダ毛が太く無いポイントであるならば、少ない回数、5回から6回程ですべすべになる方もいます。しかし、脇やアンダーヘア等の濃いムダ毛が多いところは、ムダ毛のないすべすべな肌になろうと思ったら、大変ではありますが、10回以上は通う事になると思います。
家庭用脱毛器「LAVIE(ラヴィ)」はIPL光を利用した光脱毛器で、出力を1?7レベルと細かくコントロールできるので、ユーザーの好みに合わせやすいという評価を得ています。



別売の美顔カートリッジ(実売価格3500円くらい)を使用すると美顔器として使えるのも嬉しいです。

ミドルクラスの価格帯の商品ですが、使いやすく、脱毛器の評価も5点満点で4以上と高いユーザー支持を得ているようです。購入対象として考える価値はあるでしょう。また、ラヴィは脱毛できる部位が多く、脱毛サロンに行かなくても自分でVゾーン(アンダーヘア)の脱毛ができます。



ハイパワーでも細かい調整が可能なので、いままで脱毛しにくかった体質の方(剛毛・毛が多い・太い)の場合、特に効果を得られやすいようです。

脱毛ラボの店舗は全て駅のそばにありますので、職場から帰る途中やショッピングがてら気軽に寄ることができます。脱毛サロンと聞くと勧誘という印象を持つ人が多いと思いますが、脱毛ラボではしつこい勧誘を禁じていますので安心してお店に入ることができます。もしも納得いかなければ全額返金のサービスがあるほど脱毛サロンとして効果には自信を持っています。


脱毛サロンに行く場合には、やっぱり肌を見られるのだからきれいに毛を剃っていかないとと思って、しっかりと脱毛をしてから行きました。

しかし、いざ見てもらう時になるとたくさん剃り残しがあって、恥ずかしい思いをしました。



そのうえ、体毛の量や生え方を確認するために、剃らないで行ったほうがよかったそうです。
Copyright (c) 2014 脱毛の最新事情 All rights reserved.

メニュー